ス ポ ガ ジ

gajiroe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 03日

初詣にゆくのなら

皆さんこれほど神道信仰に熱心ならば
神道のトップであるところの
天皇陛下の度重なるメッセージに
きちんと耳を傾けるべきよね( ̄ー ̄)

f0030125_02010682.jpg


日本橋七福神巡りなんて
人形町コミュニティの企画に乗っかりながら
そんなことをつくづく感じた新年二日目。

昨年の天皇は
今までまるっきり宮外不出(そんな言葉ないけど)だった
宮中神事の動画を公開したり、
現行憲法護持への意思表示を強烈に
メッセージの形でアウトプットしたり。
神道のピークにあるものとして、
今まで以上にエクストリームに
祈りの儀式に臨むし、

東京裁判への複雑な思いも乗り越えたし、
家庭教師だったヴァイニング夫人や
尊敬する明治天皇のメンタリティに則って、
自分の考えで困難な課題あるところに
その身体を運んで、言霊を投じる。
そんな天皇の意志をビシビシ感じてしまう昨今。

天皇本来の江戸っ子らしい強い気性で
日本に発するメッセージを次々と
アタマの中で巡らしていることは
想像に難くない。

ああまで政治にコミットしていこうとする
メッセージの数々は
象徴天皇を旨とする日本国憲法への熱い思いとは
ある意味矛盾するものだけど、
その辺りの誤差を超えてでも
天皇は我々に今迫っている危険を
訴えておうとしている。

こんな時代、きっと
とっても珍しいんだと思う。

各人の暮らしや立場がどうであれ、
世情に目を凝らしていく労を皆
惜しむべきではない。

天皇のその神事と国事を毎日
超絶的にこなしまくる
そのスケジュールと
国の行方を憂う心痛を思えば。

---
(NHK NEWS WEB 1月1日 5時38分)
天皇陛下は、新年にあたって文書で感想を表されました。

昨年は大雪や大雨、さらに御嶽山の噴火による災害で多くの人命が失われ、
家族や住む家をなくした人々の気持ちを察しています。
また、東日本大震災からは四度目の冬になり、
放射能汚染により、かつて住んだ土地に戻れずにいる人々や
仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々もいまだ多いことも案じられます。
昨今の状況を思う時、それぞれの地域で人々が防災に関心を寄せ、
地域を守っていくことが、いかに重要かということを感じています。
本年は終戦から七十年という節目の年に当たります。
多くの人々が亡くなった戦争でした。
各戦場で亡くなった人々、広島、長崎の原爆、東京を始めとする
各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。
この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、
今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています。
この一年が、我が国の人々、そして世界の人々にとり、幸せな年となることを心より祈ります。





by gajiroe111 | 2015-01-03 01:36 | クニ


<< 出張(しごと)のとき何か食べた...      大晦日雑感 >>